リサイクルできる古紙の種類、お問合わせから回収までの流れをご紹介

TEL:048-553-0216

  • TOP
  • 古紙の種類
  • 古紙リサイクルフロー
  • 古紙FAQ
  • 回収エリア
  • 会社概要

柿弘商事が再生資源としてリサイクルできるもの、禁忌品、古紙回収の流れについてご紹介致しております。ご不明な点はお気軽にお問合わせ下さい。

古紙の種類

ひとくちに「古紙」といっても、細かく分別すると9種類に分けられます。
それぞれ用途によって、使用する紙の種類も異なってくるのです。
量的に多いのは、段ボール、新聞、雑誌で、この3品種で全体の約85%を占めています。

主な古紙の種類

ダンボール

ダンボール

段ボール

新聞

新聞

新聞紙・チラシ

雑誌

雑誌

週刊誌・包装紙・ノート・電話帳・袋類伝票類・カタログ・その他

上質紙

上質紙

コンピュータ用紙・コピー用紙、 一色で印刷された模造紙(古紙の混入していないバージンパルプで出来た物)

模造紙・牛乳パック

その他(紙類)

模造紙・牛乳パック

 

 

回収の際に混ぜてはいけないもの(禁忌品)

以下のもの(禁忌品)が混入すると再生資源としてリサイクルできなくなります。古紙の中に混入
しないよう十分に注意をしてください。「水に溶けるかどうか」が大きな判断要因となります。

紙類 紙以外
・FAXの感熱紙
・カーボン紙、ノーカーボン紙(つまり伝票類は要注意)
・窓付封筒(窓のフィルムを取り除けばOK)
・油紙
・写真
・紙コップ(ワックス加工してあるもの)
・ビニールコート紙
・糊付ラベルやステッカー(封筒についている宛名ラベルは
そのままでOK)
・合成紙
・紙以外の素材が付着しているもの
・使用後のちり紙等で衛生上問題のある紙等
・シュレッダーにかけた紙(幅10mm以上に裁断してあればOK)
・ポリ袋
・発泡スチロール
・銀紙
・ガムテープ
・セロハン
・ワッペン
・ゴム、輪ゴム
・ファイルの金具
・プラスチック類
・クリップ類(用紙についているホチキスの針程度はそのままでOK)
・アルミ箔
・不織布等

回収までの流れ

ステップ1 お問合わせ 1、お問合わせ

まずは、柿弘商事へお電話かメールでご相談ください。 大量の紙ゴミ・ダンボールが発生したり、集まる場所なら定期的な循環を行うなど、お客様のニーズに応じて対応
いたします。

ステップ2 お見積もり 2、お見積もり

お見積もりを作成いたします。直接お伺い頂くか、メールやFAXで対応させて
いただきます。なお、お見積もりは無料です。お気軽にお問合せ下さい。

ステップ3 弊社にて回収 3、弊社にて回収

ご指定の場所・時間に確実にお伺いいたします。各自治体のルールに合わせて
分別をしてください。


このページの先頭に戻る

機密文書も安全に収集処理します!

産業廃棄物収集運搬もお任せ

回収エリア

地図クリックで詳細がご覧頂けます。
埼玉県行田市・熊谷市・鴻巣市・羽生市・加須市・吉見町で古紙回収可能。

【許認可】

廃棄物再生事業者登録証明書:登録番号V32
埼玉県産業廃棄物収集運搬許可:01105007747

紙資源のリサイクルで循環型社会の実現のお手伝いを致します。

Copyright (c) 柿弘商事 All rights reserved.
2017/12/12[04:02:16]