会社沿革のご紹介

TEL:048-553-0216

  • TOP
  • 古紙の種類
  • 古紙リサイクルフロー
  • 古紙FAQ
  • 回収エリア
  • 会社概要

埼玉県で古紙の回収、リサイクルを中心に資源の有効利用や再利用を促進する柿弘商事の会社沿革をご紹介致します。

柿弘商事の会社沿革

会社概要 アクセスマップ 会社沿革 社長あいさつ

柿弘商事の会社沿革をご案内致します。
当社は、埼玉県行田市を中心に新聞、雑誌、牛乳パックなどの古紙を回収致しております。

1958年(昭和32年)

先代社長 柿谷 弘が柿弘商事を設立 資本金500万円
足袋・紙器を製造する会社を主な顧客として

従業員20名
1967年(昭和42年) 現ヤード(行田市佐間)に移転
1972年(昭和47年) 三方式の梱包機を導入
1975年(昭和50年) ベーラーの導入
1984年(昭和59年) 先代社長が逝去 現取締役社長 柿谷 秀男が社長に就任 従業員10名

1993年(平成5年)

埼玉県産業廃棄物の収集・運搬開始
1997年(平成9年) パッカー車を導入 行田市一般廃棄物の収集・運搬開始
2001年(平成13年) 廃棄物再生事業者登録
2007年(平成17年)

現ヤードに新事務所を設立 現在に至る


機密文書も安全に収集処理します!

産業廃棄物収集運搬もお任せ

回収エリア

地図クリックで詳細がご覧頂けます。
埼玉県行田市・熊谷市・鴻巣市・羽生市・加須市・吉見町で古紙回収可能。

【許認可】

廃棄物再生事業者登録証明書:登録番号V32
埼玉県産業廃棄物収集運搬許可:01105007747

紙資源のリサイクルで循環型社会の実現のお手伝いを致します。

Copyright (c) 柿弘商事 All rights reserved.
2017/05/26[14:20:16]